スポンサーサイト

  • 2013.05.12 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    夏から秋に読んだ本

    • 2008.11.18 Tuesday
    • 21:14
     きみの友だち/重松清

    映画を見てから原作を読んだ。
    映画と同じところで泣いた。自分にとって「友達の定義」って何かな?って考えようとしたけど、やっぱり思春期の頃と大人になってからでは全然違ってくる。
    今は特に”ケータイ”という便利なのか面倒なのかわからないアイテムがあるから、今を生きる少年少女はいろいろ大変だろうな。これ読んだ時はまだ夏だったので、積乱雲見てるとやたら写真撮りたくなりました。

     容疑者Xの献身/東野圭吾

    直木賞受賞の超有名作品。映画を見る前に読んでおきたかった(ってまだ映画見てない。DVDで見るのかな?)
    これはよくできた作品でした。理系な頭の人の愛の形ってこんなにすごいの?と、かなり感動。
    じつはこの作品のはじめに出てきた部分で、トリックは半分読めてたんだけど、やっぱり完全には読みきれてなかった。くやしいっ!!

     さまよう刃/東野圭吾


    読んだあと、気持ちがどよーんと暗く落ち込む作品でした。やりきれなさが残るっていうか。
    犯罪者を裁くのは法律だけど、犯罪者が少年だった場合はどうなのか?
    上の作品とは違って、トリックではなく登場人物の心の動きに焦点が当たってます。
    犯罪者の親も被害者の親も、自分の子供のことは信じたい。守りたいと思う。
    間違ってても親ってそういう生き物なんだよなぁ。これに出てくる許せない若者、宮部みゆきの「模倣犯」の登場人物を思い出す。この本読んでから、暗い道に止まってる車の横を通るのが怖くなった。


     魔王/伊坂幸太郎

    伊坂さんの作品には仲の良い兄弟がよく出てくる。
    この作品の兄弟も仲良しです。信頼しあってる兄弟。
    「死神の精度」の千葉さんが登場。千葉さん目線からのストーリーも読んでみたい。
    なんでお兄ちゃんはこのような結末を迎えることになったのかを知りたいです。
    ロックのライブに主人公が行く場面があるんだけど、そこのくだりはちょっと考えさせられました。
    ライブで感じる一体感って、方向を間違ったらちょっと危険だったりするよなーって。
    この時期いろんなライブの感想を読んでて、「まさにこれだよね」って思った。


    砂漠/伊坂幸太郎

    これまで読んだ伊坂作品とはちょっと雰囲気が違う。恋愛もありの青春小説。好き嫌い別れるのかなぁ。私は好きな作品で、一気に読みました。東西南北の友人に囲まれた大学生活。
    マーくんも気に入ったみたい。変な事件に巻き込まれてもらったら困るけど、いい友達に恵まれた大学生活を送ってほしいなぁ。(その前にまずは合格!)
    でも出てくるアイテムが麻雀だったり超能力だったりして、ただの青春ものではないところが、伊坂さんだなーと思います。
    伊坂さんの作品、結構残虐な描写が多かったりしますが、これにはそういうシーンは出てきません。
    私の西嶋のイメージは、めちゃくちゃサンボマスターの山口さんなんですけど。OTODAMAの後に読んだせいかもしれません。


     
    チームバチスタの栄光/海道尊


    ドラマが始まる前に読み終えました。途中から出てきた白鳥さんのキャラが濃すぎ(笑)
    現役医師が書いてる作品だそうで、きっとわかる人が読めばわかるんでしょう。
    テンポがあって読みやすかった。
    映画では田口役を竹内結子がやったとか、、、?なんか違うぞ。阿部寛が白鳥さん役っつーのはピッタリな気がするけど。見てないのでなんとも言えませんが、、、
    原作を読んでからドラマを見てがっかりしたひとつです。ドラマ見る前に原作読んでおいてよかった!!
    文庫本、こんなに薄いのに上下に分ける必要あったのか?ってのが疑問。


    もうちょっと読んだ本あるけど、とりあえずここまで。
    ライブで出かける回数が多いと読書がすすむという変な傾向が、、、(笑)
    電車の中とか、開演までの待ち時間とか、読む時間がたっぷり。




















    スポンサーサイト

    • 2013.05.12 Sunday
    • 21:14
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      きみの友達・・・以外は全部あります。でもまだ読んでないの、息子優先といいますか、めがねが合わなくなって、文字を追うのがしんどいのよね。年とりたくないわ!!!

      伊坂さん、大好きです。

      容疑者Xは映画も面白かったです。でも、女性にも恋愛にも興味のない物理学者がなんであんなに格好いいのか??(笑)
      • Orly
      • 2008/11/19 7:25 AM
      >Orlyさん
      家にいるとなかなか本、読めませんよね。
      うちは私が読んだ本を長男が持って行きます。「次何貸してくれるの?」って。
      伊坂さん、いいですよね。
      あぁー。仙台行ってみたい。
      • ナナ
      • 2008/11/21 10:27 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      BLOG MOON

      ***

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 茜色の夕日
        ナナ (12/30)
      • 茜色の夕日
        かな (12/28)
      • 斉藤“弾き語り”和義ライブツアー2009≫2010 十二月in大阪城ホール〜月が昇れば 弾き語る〜
        ナナ (12/27)
      • 斉藤“弾き語り”和義ライブツアー2009≫2010 十二月in大阪城ホール〜月が昇れば 弾き語る〜
        紅万作 (12/27)
      • tobaccojuice松本敏将弾き語りワンマン「ふさふさナイト☆」@SOLE CAFE
        ナナ (12/12)
      • sleepy.ab "paratroop tour"@京都磔磔
        ナナ (12/12)
      • sleepy.ab "paratroop tour"@京都磔磔
        yuka (12/12)
      • tobaccojuice松本敏将弾き語りワンマン「ふさふさナイト☆」@SOLE CAFE
        コイケ (12/11)
      • 「mojoco と 森ゆに」@SOLE CAFE  
        ナナ (12/05)
      • 「mojoco と 森ゆに」@SOLE CAFE  
        コイケ (12/04)

      recent trackback

      recommend

      recommend

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM