スポンサーサイト

  • 2013.05.12 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    私のキーホルダー

    • 2009.12.25 Friday
    • 23:59

    2009年12月24日、クリスマスイブ。
    家に着いて、会社のロッカーに鍵を差したまま帰って来たことに気づく。

    私のキーホルダーはフジファブリックのツアーグッズ。
    家の鍵と会社のロッカーの鍵がついている。
    一度、キーホルダーごと落としたことがあって大騒ぎ。
    その日、歩いた道をたどっていったらすぐに見つかった。



    そして2009年12月25日、クリスマスの夜。
    【Lesson × CAP.NOTE presents】 digmenight Xmas Special Party!! で楽しい夜を過ごしていた時、届いた訃報に愕然。
    一緒いた3人ともフジファブリックのことが好きで、みんな黙りこんでしまった。
    手の震えがとまらなかった。

    志村くんはまだ29歳。

    私がフジファブリックの音楽に触れてから5年とちょっとしか経ってない。
    鍵を落とした日みたいに、歩いてきた道をたどっても、もう彼には会えない。

    12月に見た映画

    • 2009.12.19 Saturday
    • 18:14

    まず、12月13日、「ONE PIECE FILM Strong World

    入場者には書き下ろしの単行本ゼロ巻をもらえるってことで、公開日は部活で行けなかったタカシに「連れていけー」とせがまれ親子3人で行くことに。
    今回の映画は原作者の尾田栄一郎さんが書き下ろしってことですごい人気のようです。
    渋滞に巻き込まれて若干遅刻。
    イントロダクション見れなかったけど十分楽しめた。
    大きなスクリーンで見るとやっぱり迫力あるなぁ。
    仲間の力を合わせて、悪に立ち向かう!って王道のストーリー。
    映画なだけに出演者(笑)のみなさんの衣装がステキでした。
    全員でナミを救いに行く時の正装した姿、かっこよかったなぁ。
    (後ろで見てた女子中学生?は、「あれ写真に撮りたいー」って言ってた。)

    金獅子のシキは竹中直人さんが声優をつとめてて、さすが!って感じでした。
    あと、北島康介さんも声優として出演してたらしい(エンドロールで知った)けど、わからなかったよー。

    ちょっとホロリと泣いちゃうところもあったりして、大人も楽しめる映画ではないかと思います。


    続いて、12月16日。ライブ前にミント神戸で、「カールじいさんの空飛ぶ家
    3D版を見ました。絵がきれいですごい迫力!自分も空を飛んでる気分になれます。高所恐怖症の人は見ないほうがいいかも。
    カールじいさんは78歳という設定。普段は杖(のようなもの)をついて歩いているのに、エリーとの約束を果たそうとパラダイスの滝を目指して家を引っ張るあの力はまさに火事場のなんとかってやつ。
    しゃべる動物はディズニー映画ではマストアイテムですが、この映画ではしゃべる犬がたくさん出てきます。
    「この設定何かと似てたりしない?」って思うようなところもあったけど、とにかく風景がきれい。
    カールがエリーと出会ってから永遠のお別れをするまでの回想シーンだけで泣けます。
    このあとも笑ったり泣いたりハラハラしたり、最後まで目が離せない。
    見終わったあとは心がポカポカ。
    ぜひ3Dでお楽しみください。ただし涙拭くときちょっと不便です。

    映画終わったあとの神戸の夕暮れ。


    両方とも上映中に子供が泣いてたなぁ。迫力ありすぎてこわかったんでしょうか?
    うちの子の映画デビューってなんだったかな?
    マーくんはたしか「もののけ姫」だったと思う。タカシはポケもんかドラえもんかな?

    カジヒデキ"STRAWBERRIES AND CREAM" Release Party!!

    • 2009.12.18 Friday
    • 23:10

    〜The Sweetest FLYING POSTMAN PRESS〜@BIG CAT
    ゲスト:スネオヘアー

    カジくんのアルバムリリースパーティー。
    ゲストはなんとスネオヘアー!!
    2009年も最後までありがとう清水音泉さん!
    BIG CAT後方にOTODAMAでお馴染みの「カジヒデキ」と「スネオヘアー」ののぼりがセットされてた。

    前説で音泉の田口さんがクリスマスらしいトンガリ帽子かぶって登場してこのイベントについて説明。
    「カジヒデキとスネオヘアーが大好きなみなさんこんばんはー」で始まる!これが清水音泉のイベントだー!!!
    トンガリ帽子はカジくんのために田口さんが用意したそうです。入場の時に配られたステッカーはカジくんが書いたイラスト。原画はもうちょっと大きかったらしいのですが、清水音泉の予算の都合でサイズダウンしたらしい。
    田口さん、ほんまにカジくんのこと好きみたいで、今配布中のFLYING POSTMANに載ってるカジくんのページ説明しながら、「ほんまにかわいいですねー」とか言うし。「僕の人生を180度変えた人です」って言ってたけど、その前に、「360度」って言い間違えてた。
    最後にみんなで「ワカチコ、ワカチコ」って言わされた。
    ビークルのヒダカさんにゆってぃに似てるって言われたからだそうです。
    こんな感じでゆるーくイベントスタート。

    ・スネオヘアー
    松江潤さん(ギター)x朝倉信司(パーカッション)のアコースティック編成。
    スネオはニットキャップかぶってました。途中で一瞬だけ坊主頭見せてくれた。

     01.共犯者
     02.ロデオ
     03.マボロシ
     04.headphone music
      05.ナロウカーブ
     06.スターマイン
     07.バースデー

    今まで見たスネオのライブで演奏中とMCのギャップが一番大きいと思った(笑)
    映画撮影中からなのか、ライブ自体が久しぶりだって言ってた。MCは下ネタもありの言いたい放題で、初めてスネオヘアー見た人は「デビューして17年の京都出身の人」って勘違いしてたりして(笑)
    でもライブはすごく良かった。すごく気持ちがこもってた。松江さんと朝ちゃんのコーラスもきれいだった。
    「ナロウカーブ」がとにかく良かった。もともと大好きな曲だけど、じわじわ心にしみこみました。
    「スターマイン」のアウトロ、3人の息がピッタリで良かったな。
    上には奥田民生とかいるし若いバンドもどんどん出てくるし間にいて大変だって言ってたけどあれは本音かなぁ?
    演じることと歌うことでは表現することが違うみたいなことを言ってたけど、良い曲たくさんあるし、いい声だし、ずっと歌い続けて欲しいなぁ。

    ・カジヒデキ
    田口さんが準備したトンガリ帽子をかぶって登場!もちろん半ズボン!
    ギターは今日も小暮さんだった。

     01.ミニスカート
     02.パッションフルーツ
     03.甘い恋人
     04.ラブ・イズ・オール
     05.雨のちブルー・ブルー・ボーイ
     06.Queen Sound Babbles Again
     07.泡いっぱいの恋の中
     08.favourite shirts (boy meets girl)
     09.TOO MUCH TOO YOUNG
     10.ラ・ブーム〜だってMY BOOM IS ME〜
    EN.
     11.エンジェリック・シンフォニー(弾き語り)
     12.クリスマスソングメドレー
     13.fantastic game
     14.HEY HEY BABY POP(w/スネオヘアー)


    カジくんはスネオヘアーのこと、すごく気に入ったみたい。
    「今日のライブでハートを掴まれた人たくさんいるんじゃないかな」って言ってた。MCと歌のギャップが相当気に入ったみたいです。

    「TOO MUCH TOO YOUNG」では黒のマント着用!カジくんのダークサイド(笑)

    アンコールの「エンジェリック・シンフォニー」なかなか2番を歌いださない。と思ったら「好きなんです、ここ」ってつぶやいて自分で笑って歌えなくなって歌い直したりして、お客さん爆笑!いつも自由なカジくんなのでした。
    クリスマスソングメドレーはバンドのみなさんはとんがり帽子、でカジくんだけ布でできた青地に白い水玉のクリスマスの帽子。これがまたよくお似合い。ってかかわいすぎでした。

    クリスマスソングメドレーも楽しかった。この時期でしか見れないライブ!

    そして最後、スネオヘアー登場!
    ニットキャップの上にとんがり帽子かぶってるし。挙動不審だし。
    「客席から突然ステージにあげられたお客さんみたいな気分」って言ってた。
    ラストセッションはスネオにもっとも似合わない曲、「HEY HEY BABY POP」
    スネオは2番を歌ったんだけど、いちいちステージに置いたカンペ?を確認しながら歌う姿が超おもしろかった。
    お客さんも一緒に歌って大騒ぎして楽しい楽しかった。

    最近、着席スタイルのライブが多かったけど久しぶりに踊って汗かいた。
    ひとあし早いクリスマスパーティーみたいな夜でした。

    moonlight salon vol.2 in kobe@神戸CHICKEN GEORGE

    • 2009.12.16 Wednesday
    • 23:56

    オトナモード/おおはた雄一/ベベチオ

    オトナモード企画の"moonlight salon"、関西初上陸!
    新しくなったチキンジョージに来るのは初めて。
    おしゃれなビルに変身してました。

    入ったらイスとテーブルが設置されてて、テーブルの上にはキャンドルが置かれていい雰囲気。お客さんは98%女性だったのでは?
    新しいチキンジョージはステージが広くて低い。お客さんはみんな着席なので低くてもゆったり見れた。



    ・ベベチオ
    今年なにかとあちこちで見させてもらってます。
    早瀬くんは相変わらずいい声。そして歌う顔はちょっと変。
    気づくの遅すぎるけど、平良くんって左利きのベーシストやったんや!
    初めてベベチオを見た時(何年前になるんだろう?)の平良くんの印象は「クールな人」ってイメージだったんだけど、そうでもないってことが最近わかってきた。リハ終わったあと行った場所が行きつけのゲーセンとか、ゆるすぎる、、、
    「12月の晴れた日」がこの日にピッタリくる曲だった。

    ・おおはた雄一
    私が座ったら絶対こけそうな足の長いイスに座って足組んでギター弾きながら歌う人。
    しなやかな人だ。イメージはスナフキン!合間にいろんなお話をはさみつつ。
    ムッシュかまやつのカバー、「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」が超かっこよかった。
    それからラストの「おだやかな暮らし」うっとりしました。惚れたかもしれない。
    そして靴下の模様が、島津藩とかの家紋だったのが結構ツボ。

    ・オトナモード

     01.森をぬけて
     02.風の谷のナウシカ
     03.子供みたいに(ベベチオのカバー)
     04.おだやかな暮らし(おおはた雄一のカバー)
     05.満ちてゆく夜に
     06.ミルフィーユ
     07.風になって
     08.グライダー
     09.雨音
    EN.
     10.Our Way
     11.風をあつめて(オトナモード、ベベチオ、おおはた雄一)

    1曲目が「森をぬけて」で一気にオトナモードの世界へ引き込まれた。
    前半ゆったり、後半楽しく。「男らしさとは?」という話から、女性とのあんなことこんなことな話に持って行こうとする啓太くんのMCはオトナモード。
    シングル買ってないから「ミルフィーユ」初めて聴いた。ふむふむ。そういう曲なのね。
    アンコールの最後は全員でセッション。肩組んで歌ったりしてみんな楽しそう。すっかり年末モードでした。
    オトナモードは今年ラストライブだったそうです。
    終わったら10時過ぎててちょっと焦った。
    4月のワンマンチケット買って小走りで帰ったら22時37分発の新快速にギリギリセーフ!

    あいまいで小さな光

    • 2009.12.14 Monday
    • 21:17
    星とか月とかイルミネーションとか。
    キラキラ光るものが大好きです。
    昨日の夜、洗濯物干してたら、すごい勢いで流れて行く星を見て思わずひとりで叫んだ。

    テンションあがって、上着はおってマフラー巻いて毛布にくるまってイスをひっぱりだして、しばらく庭でひとり夜空を見上げた。

    待つこと15分。流れ星発見!シャキーンって流れて行ったよ。

    日曜日の朝も、5時前に起きて星を待ってみたけど、寒さに負けてすぐにリタイヤ。でも明け方の細い月がきれいだった。

    そして、今日は仕事の帰りにイルミネーションの道を通り抜け。
    世の中不景気だけど、ロームさんはがんばってるなぁ。



    ふたご座流星群、今夜も見れるかな?

    ☆☆追記☆☆

    このあと、厚着して「小さな光」1曲リピートしながらベランダで空をじーっと見てたら星が流れて感動して涙目になった。(寒さのせいでもあるけど)
    気を良くしてそのあとも空を見上げてたら同じく夜空見上げ中の友達からのメール着信のタイミングで星がまたひとつ流れた。
    「小さな光」は流れ星を呼ぶのにピッタリな曲です。一度試してみてください。

    いろんな人のこと思い浮かべながら空を見てた。寒いけど心はおだやか。




    恋は堕ちるもの

    • 2009.12.12 Saturday
    • 22:25

    秋から最近にかけて読んだ本。

    新しい本なかなか買えなくて、前に読んだ本をリピートしたりしてました。
    そしてまたしても「ツ、イ、ラ、ク」に墜落した。
    何回読んでも胸がキュンキュンするわ。エロイんだけど純愛なんだよなぁ。
    大人になった隼子が先生と再会して、わーんって泣くシーンがたまらなく好きです。




    それからこの2冊。



    子供って親にとってよくも悪くもかけがえのないものなんだなぁと考えさせられた2冊。

    「告白」は展開が気になって、一気に読み終えた。現実離れしてるような、すぐ身近で起こってもおかしくないような。
    人間ってきれいごと言っててもやっぱり一番自分のことが好きで大切ってこと?

    「赤い指」は加賀恭一郎はあいかわらずかっこいい。ちょっと設定に無理があるんじゃないの?と思うところもあり、主人公の親子がとにかくダメで、えーっと思ってる間に終わっちゃった。
    加賀刑事とお父さんの将棋のエピソードだけはよかった。








    みやこ音楽祭 番外編

    • 2009.12.10 Thursday
    • 21:21

    ライブの合間に京都御所とか近所を散策。学生の頃、このあたりをブラブラすることが多かったので、いろいろいろいろ思い出した。御所の一般公開は、春も秋も行ってたなぁ。

    あと、友達の友達という男子を紹介されたのも御所だった。初デートは御所から清水寺まで歩かされて、「なんや、この人?」と思った(笑)

    友達と御所のベンチでお昼ご飯を食べたりもした。鳩が嫌いな友達がいて、鳩が飛ぶたびに「キャーキャー」悲鳴をあげてた。

    子供が保育園の頃、バザーに出すクリスマスツリーを作るために、まつぼっくりを拾いに来た。すごく大きなまつぼっくりがいっぱい落ちてたんだけど、あれはどこで拾ったんだろう?あちこち歩いてみたけどわからず。


    続きを読む >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    BLOG MOON

    ***

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 茜色の夕日
      ナナ (12/30)
    • 茜色の夕日
      かな (12/28)
    • 斉藤“弾き語り”和義ライブツアー2009≫2010 十二月in大阪城ホール〜月が昇れば 弾き語る〜
      ナナ (12/27)
    • 斉藤“弾き語り”和義ライブツアー2009≫2010 十二月in大阪城ホール〜月が昇れば 弾き語る〜
      紅万作 (12/27)
    • tobaccojuice松本敏将弾き語りワンマン「ふさふさナイト☆」@SOLE CAFE
      ナナ (12/12)
    • sleepy.ab "paratroop tour"@京都磔磔
      ナナ (12/12)
    • sleepy.ab "paratroop tour"@京都磔磔
      yuka (12/12)
    • tobaccojuice松本敏将弾き語りワンマン「ふさふさナイト☆」@SOLE CAFE
      コイケ (12/11)
    • 「mojoco と 森ゆに」@SOLE CAFE  
      ナナ (12/05)
    • 「mojoco と 森ゆに」@SOLE CAFE  
      コイケ (12/04)

    recent trackback

    recommend

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM